こどもびいる

こどもびいる(original)

こどもびいる(original)

商品名:こどもびいる

製造者:株式会社友桝飲料

2004年の夏に出した僕らが現在のような仕事を始めるきっかけになった記念すべき商品。

元々は「ガラナ」という日本全国にある小さなラムネ屋さんで作られていた飲料を当時僕が経営していた「もんじゃ鉄板焼 下町屋」で店のオリジナルドリンクとして元のラベルを洗って剥がし、当時東京で売れないバンドマンだった八智代に「こどもびいる」という名前で作らせたラベルを貼付けて売り始めた「海賊版」のような商品だったという、まさに遊びから生まれた商品。

「こどもびいる」というネーミングから「子供用」と思われることが多いが、実は下町屋のメインターゲットであった20−30代の女性を狙って作った商品。

当初は「下町屋」店内のみで提供していたが、2005年よりパートナーである株式会社友桝飲料より「スーパーや酒屋の店頭販売は行なわない」という取り決めのもと、下町屋以外の飲食店等への販売を開始。

2005年夏にネットニュースに大きく取り上げられた事がきっかけとなり様々なメディアに取り上げられ爆発的に売れ、2005年の日経トレンディー誌の『2005年 地方発ヒット商品」として「男前豆腐」とともに取り上げられた。

年間数百を超える新商品が大小さまざまなメーカーから出てくるが、翌年まで残る商品は片手程という業界において、また各社から「よいこのびいる」や「こどもののみもの」等多くの類似品が出て来る中、2004年から現在(2013年)まで当時と同じ販売方法で市場に存在し、2010年の「パンダコパンダ」「ウルトラマン」等のアニメ、「ハウステンボス」等のテーマパーク、「kaldy coffee」等小売店とのコラボ商品も誕生。

2012年にはテレビ東京の子供向け人気番組「ピラメキーノ」とのコラボ商品も誕生し、番組のネットショップ、東京駅やスカイツリーのショップ等での販売が始まった。

_7KT1795 _7KT1799 CIMG2320 codomo_pop_c

 

コメントを残す